2013年12月01日

11/24COMITIA見本誌読書会in札幌3:アンケート結果

Y.A@代表です。

11/24の14:00-20:00に「11/24COMITIA見本誌読書会in札幌3」を開催いたしました。
お越しいただいた皆様に厚く御礼申し上げます。
今後の運営の参考とするため、アンケートにご協力いただきました。
今回は、その集計結果を掲載いたします。

次回開催につきましては、決定し次第、改めてお知らせいたします。

clPDX.jpg

【感想等への回答】

■ジャンルで固めていただけると嬉しいです。特にBLとか百合は苦手の人も多いから分けてあるといいかと思います。
→見本誌の山の中から宝探しをする楽しみもあるかと思います。ジャンル固めがされていない状態につきまして、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
なお、前開催地より見本誌を送付いただく際、ジャンル毎に箱詰めされた状態ではないため、実施する場合は仕分けに時間もしくは人員を要します。実施回によってはスタッフが少ない場合もございますので(今回は3名)、開催時間を短くしない限り、ジャンル分けは難しい状況です。

■あと自由にかけるノートとかがあったらおもしろそうです。
→次回以後、実施を検討いたします。

■小さくBGM欲しい……。シーンとしすぎでつらい。
→札幌市民ホールの場合、放送機器をレンタルするとそれなりに費用が掛かるため、これまで見送っておりました。次回以後、他の方法はないか検討いたします。

【アンケート集計結果】

1.今回のCOMITIA見本誌読書会in札幌をどこで知りましたか?(複数回答可)
店頭チラシ 23.5%
Elysianwebサイト 35.3%
twitter 29.4%
クチコミ 17.6%
その他 11.8%

2.3〜4ヶ月に一度のペースでの開催を予定しています。頻度についてどう感じますか?
多い 0%
ちょうどよい 94.1%
少ない 5.9%

3.現状、単独で開催していますが、開催形態についてどう感じますか?
単独開催のままでよい 47.1%
1次創作イベントと併催して欲しい 52.9%
2次創作イベントと併催して欲しい 0.0%

4.開催時間について、今回は午後〜夜で実施しましたが、どう感じますか?
午後〜夜でよい 76.4%
午前〜午後がよい 23.5%

5.開催場所について、札幌市民ホール以外の会場で開催となった場合でも行きたいと思いますか?
行きたい 35.3%
行きたくない 0.0%
その他 64.7%

6.参加費について、どう感じますか?
任意制のままで良い 76.5%
定額制が良い 17.6%
その他 1 5.9%

7.札幌で仮に新たな一次創作イベントが開催された場合、参加しますか?(複数回答有)
一般参加する 41.2%
サークル参加する 64.7%
スタッフ参加する 11.8%
参加しない 0.0%
未定 0.0%

8.新たな一次創作イベントの方向性はどのようなものが望ましいですか?
■コンセプト(複数回答有)
本中心 88.2%
雑貨中心 23.5%

■見本誌回収・読書会
あり 94.1%
なし 0.0%
未回答 5.9%

■カタログ
安め・最低限 41.2%
中間・頒布物レビュー掲載 58.8%
中間・他コンテンツも積極的に掲載 0.0%

■参加費体系
一般無料・サークル高め 17.6%
一般通常・サークル通常 76.5%
一般高め・サークル無料 5.9%

■サークル間交流
不要 35.3%
イベント内で仕掛けが欲しい 35.3%
オフ会企画等の仲介も欲しい 23.5%

9.今回読んだ本の中で気に入った本と感想があればご記入ください。
※アンケート回答そのまま掲載しているため、タイトルが実際と異なる場合があります
■「Labobo」:とてもかわいい絵集で自分もこんな絵がかけたらな、とおもいました
■どの本もおもしろかった。イラスト集がすてきなものが多かった。
■「イセッタコレクション」(KURONEKOWORKS)
■「しろぼし」(薬缶猫)
■「DOWNER」
■「びきまえ」:葬儀社の話というのが斬新でよかった。勉強になった
■「大阪平野商店街」:これそのままガイドブックとして地元の駅に置ける!商店街に行きたくなった
■「レゾン・デートルへようこそ」:一見よくある童話みたいだけど読み応えあって面白かった
■「遠足一同〜長野・松本・小布施〜」:そば屋に入る時は気を付けようと思った
■「ヒメでネズミでユビろボン!」
■「虫かごのガガステル」:webでも全て読んでましたが、手にとった紙印刷の作品を読むとまた違った良さを感じました。
■忘れてしまいましたが「君のにおいがすき」:残念な感じの少女まんがが好みなので
■「NO WAY BACK!」:描き込みは浅いのですが、読みやすく、話のネタがおもしろかったです。少年漫画らしい漫画でした。
■「油屋厘子の奇解剖講義」:シリーズは知らなかったのですが、ネームの始めのセリフから、引き込んでくれる作品でした。オチが読めてしまったのが惜しまれます。おもしろかったです
■秘本衆道会さんの本:「台家」解説本待ってました!欲しい!
■「レバ刺しとわたし」:食の本かと思ったらレバ刺しと主人公の愛の物語でびっくりした。しかも泣けた。

10.その他、気付いた点・感想等がありましたら、ご記入下さい。
■さいしょは、しずかで、きんちょうしましたが、本をよむと、その世界に入り込んでしまって夢中でした!!また来たいです
■本作りの参考になったのと、面白かった。またあったら来たいと思いました。
■本の販売もぜひ行ってほしいです。
■たまたま購入したティアズマガジン(93)で特集されていた根本尚さん(札幌の六畳一間)さんが実際地元だった事。
■お手伝いできずすみませんでした!
■ジャンルで固めていただけると嬉しいです。特にBLとか百合は苦手の人も多いから分けてあるといいかと思います。あと自由にかけるノートとかがあったらおもしろそうです。
■地元のイベントパンフがあったのも良かった。おでかけライブに全く行かなくなってしまったが、最近どうなってるのかちょっと気になってたので…
■小さくBGM欲しい……。シーンとしすぎでつらい。
■また開催時には来たいと思います
■おもしろいと思う本や気に入った本もありましたが、やはり探し出すのは大変でした。見本誌読書会の開催ありがとうございます。
■いつも入りやすく読みやすく楽しみです。今回105のパンフもらえなくて残念です。(載ったんですよー!)お茶とお菓子もありがとうございます。
■会場寒かったです。地方にいても東京の本が読めてありがたいです。早く新しい創作イベントが札幌でも開催されればいいと思います。

以上
posted by Y.A at 19:52 | TrackBack(0) | 見本誌読書会
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81805051

この記事へのトラックバック